日本人と布団

布団+フローリング+低気温→カビの大発生

更新日:

毎年、大寒波が日本列島を覆い尽くす季節がやってきます。

日本上空の寒気団は、日本の大気を冷し、冷えた大気は、日本の建築物の温度をさげる。
建築物のなかで広い面積をもつ床材の温度も当然奪われ、フローリング表面の温度もどんどん低下していくのです。

温かいあなたの身体から蒸発した水分は、布団のなかに拡散し、フローリングで冷やされた布団のなかで、気体から液体に変化し、ぐっしょりと布団を濡らしていきます。
特に、フローリングと床材の間ではその液化現象も激しく、翌朝目覚めたあなたは、布団の湿った冷たさに気づき、おもむろに布団をめくってみると、そこに大量の結露を発見するのです。

でも、万年床で布団をめくらない人もいます。

毎朝ちゃんと布団をあげない人は、このあと、恐ろしい現実に遭遇することになります。

それは、布団裏面におけるカビの大発生。

カビの生えた布団

世の中に、これほど恐ろしいことはありません。

人間は、毎晩布団に入り、眠りにつく。そこで、あっちの世界にいって大きなエネルギーをもらい、翌朝復活するのです。
眠りとは、エネルギーの充填であり、生命の再生です。
その大切な眠りの時間が、カビに侵されるなんて。
想像しただけでおそろしいことです。

令和時代の「すのこベッド」ランキング ベスト3

すのこベッドは千差万別。どんなすのこベッドを買えばいいか迷っちゃうあなたに、ズバリのおすすめをご紹介いたします。

第1位 現時点で最高峰のすのこベッド。数々のアイディアが盛り込まれたエアライズ

まさに平成時代の最高峰のすのこベッドです。数々のアイディアとグッドデザイン賞受賞の実績。なによりもそのスプリングが仕込まれたワンタッチの折りたたみ構造と簡単に取り付けられるストッパーは秀逸です。誰もが納得の堂々の第一位のすのこベッドです。縦使いの桐材にミゾ加工を施し、みやび格子と名付けられた構造もなんともはやのグッドデザイン賞受賞品です。

第2位 純国産。栃木県で製造されている良心的なすのこベッド。すのこベッドの王道です。

栃木県鹿沼市で作られている安心の国産すのこベッド。材料は、ひのきと桐から選択できます。オーソドックスな形ですが、すのこベッド界のロングセラーです。

第3位 まさにこれがオリジナル。アイディア勝負の中居木工が生み出したすのこベッド

家具業界の発明家、中居木工が生み出したすのこベッドです。まさに無から有を生み出す、完全なオリジナリティに溢れた製品です。

-日本人と布団
-, , ,

Copyright© すのこベッド愛好会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.