すのこベッドはマイナーな家具ですが、その効果は絶大です。

すのこベッド愛好会

布団の結露

フローリングと布団の組み合わせは結露が発生しやすい。その対策は。

更新日:

日本人は古来から畳の上に布団を敷いて寝ていました。
家屋も木造で、スキマ風が入ったので、結露もそれほど起きやすくはありませんでした。
しかし、現在は、住宅は高気密高断熱となり、畳の部屋も減って、多くの床はフローリングとなり、その上にじかに布団を敷くパターンも増えてきました。
そのフローリングと布団の組み合わせは、高気密の部屋のなかでは、結露を引き起こします。
寝ている間に人間の身体からでた水蒸気は、布団を通して床のフローリングに到達します。
冷たいフローリングに触れた汗の水分を含んだの水蒸気は、気体のままで存在できなくなり、フローリング表面で水に戻ります。これが結露です。
フローリング表面に生じた結露は、布団を濡らします。
湿った布団には、容易にカビも生えやすい。
布団の下に新聞紙やダンボールを敷くっていう方法で、結露を紙に吸わせるという手もありますが、布団下の結露対策でもっとも有効なのは、すのこベッドを使って、布団の下に空気の通り道を作ることです。
すのこベッドで布団とフローロングの間に数センチの隙間を作るだけで、劇的に環境は変化します。

-布団の結露
-, ,

Copyright© すのこベッド愛好会 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.