すのこベッドはマイナーな家具ですが、その効果は絶大です。

すのこベッド愛好会

すのこベッドいろいろ

セシールの樹脂製すのこベッドにちょっと結構びっくり

更新日:

当愛好会は、すのこベッドのいろいろを見てきています。
まあ、いろんなすのこベッドが開発されて市場に投入されているわけですが、はっきりいうと似たり寄ったりで、あんまり「びっくりしたあ」ってことはないんですが、これにはちょっとびっくりしました。
最近、急速にシェアを拡大している、樹脂製のすのこベッドです。
かのセシールから発売されています。
まずは、全体写真をみてください。
icon
icon
なんてことはない、形はオーソドクッスな折り畳みタイプのすのこベッドです。
一見、木製にもみえますが、材料は「樹脂製ポリプロピレン(抗菌樹脂加工)」です。
サイズは、折り畳み時が、幅104×奥行5×高さ102。展開したときの高さ(厚み)は4cmですから、厚みも十分です。
もうすこし観察すると、上板に開いている細かい穴が美しい。
木製だと、ここまできれいな穴をこんなにいっぱい開けるのはけっこう大変です。樹脂製のなせる技ですね。
樹脂製すのこベッドは軽いものが多いですが、このセシールのベッドは、木製ベッドの形を忠実に踏襲しているため、重量は、10Kgとちょっと重めです。
台湾製です。
もっとよく見てみましょう。
上の全体写真の製品の色違い版の拡大写真です。
icon
icon
どうです?
人工物の樹脂製でありながら、木の目が、立体加工で疑似的に表現されています!
これは、点数高いです。
ここまでやるとは脱帽です。
樹脂表面に木目模様を加える技術は、昔からありますが、それをすのベッドにまで付加したのはすごいです。
だって、布団を敷いたら、木目なんて見えなくなるんですよ。
こんな気配りをするのは地球上で日本人だけかもしれませんね。作ってるのは台湾ですが。
まあ、天然素材を使ったほうが、吸放湿性があるとかいろいろ能書きを垂れることはできるんですが、樹脂製すのこのいい点は、万が一カビにおかされても、拭けばとれるとゆーことです。
当愛好会は、樹脂製すのこの機能的な素晴らしさは認識していたものの、その無機的な素材感から、樹脂製すのことの間に一定の距離を置いていました。
しかし、このセシールの樹脂製すのこの素材表現をみて、その真摯な姿勢に心打たれ
ました。
機能的にはなにも関係ないのに、樹脂表面に人工的に木目を刻み、製品の存在を高めようとする姿勢に恐れ入りました。
→セシールの驚きの樹脂製すのこベッドを見てみる
icon

-すのこベッドいろいろ
-, ,

Copyright© すのこベッド愛好会 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.