すのこベッドはマイナーな家具ですが、その効果は絶大です。

すのこベッド愛好会

すのこベッドの基本

すのこベッドはDIYできるか。

投稿日:

すのこベッドのDIYを考えている人もいるかもしれませんので、DIYについて考えてみましょう。
まず、材料です。
一般的にすのこベッドに使われている桐材で考えてみましょう。
すのこの上板は、厚みを12mm以上は確保したいところです。
9mm厚の製品も流通していますが、やっぱり強度が弱いです。
桐は柔らかい木で、弾性もありますが、9mmはやっぱり薄くて不安です。
下桟も桐が使えればベストですが、一般的なラワン合板やランバーコアでも代用できます。
24mm厚のラワン合板を30mm幅でカットして下桟にします。
この場合、すのこの厚みは 下桟24mm+上板12mmで36mmになります。
もっと厚みが欲しい場合は、厚いラワン合板を探してみてください。
上板と下桟の固定は、上からステンレスコーススレッドビス揉みがいいんじゃないでしょうか。
DIYは楽しいですし、単純なすのこならあっとゆー間にできてしまうでしょう。
でも、材料の取り寸法や、折りたたんで収納できるようにしたいとなると、完成品を買うより、逆に高くつくかもしれません。
当愛好会は、さまざまなすのこベッドを観察していきますが、てっとり早くおすすめの「すのこベッド」を知りたい方はこちら↓
   >>当会が選ぶ「すのこベッド」ランキング

-すのこベッドの基本
-,

Copyright© すのこベッド愛好会 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.