すのこベッドはマイナーな家具ですが、その効果は絶大です。

すのこベッド愛好会

すのこベッドの基本

すのこベッドの材料、檜(ひのき、ヒノキ)

更新日:

ヒノキ

木製すのこベッドは、その多くが桐材でつくられていますが、ひのき(ヒノキ、檜)を主な材料として作られているすのこベッドもあります。

重さだけで考えた場合、桐の方がヒノキよりも軽いです。

強度で考えるとヒノキの方が強いでしょうが、気にするほどでもありません。

ヒノキの優れた点は、その香り。
針葉樹のいい香りがします。
桐材にも匂いはありますが、中国産の桐材は、ヒノキのように芳香をはなつようなものではありません。

もともとヒノキは日本と台湾にだけ分布すると言われているので、中国本土には生えていません。

中国本土でも「檜(桧)」という漢字を使う植物があるようですが、それは日本のヒノキとはべつの種類の植物です。

安い価格のヒノキのすのこベッドは、材料は間違いなく国産のヒノキですが、製造は中国だったりします。

日本産のヒノキ材をいったん中国へ送って、そこですのこベッドに加工してまた日本に輸入しているってわけですね。

ヒノキ材でできた「すのこベッド」いろいろ

では、実際にヒノキ製のすのこベッドをみてみましょう。
まず、これ。

これは日本産のヒノキを日本国内で加工して作られています。

 

材料も国産、製品ももちろん、日本国内で作られています。

ヒノキは、節ありグレードのものが使われています。
高さは40mmを確保。セミダブルなので、重量約13kg。これはけっこう重いです。

次は、ちゃんとした高さのあるベッドが欲しいって方向けの製品。

日本産のヒノキをすのこ部分に使った独自の構造の折り畳みベッドです。強度が必要なフレームの部分はラバーウッド(ゴムの木)を使って日本国内で製造されています。

 

 

もっとリーズナブルな安いヤツがいいって方は、こちら。

日本国産のヒノキ材を使って中国で製造されたロールタイプのすのこベッドです。

中国製ですが、中国のISO9001認定工場で、とても丁寧に作られています。

平成時代の「すのこベッド」ランキング ベスト3

すのこベッドは千差万別。どんなすのこベッドを買えばいいか迷っちゃうあなたに、ズバリのおすすめをご紹介いたします。

第1位 現時点で最高峰のすのこベッド。数々のアイディアが盛り込まれたエアライズ

まさに平成時代の最高峰のすのこベッドです。数々のアイディアとグッドデザイン賞受賞の実績。なによりもそのスプリングが仕込まれたワンタッチの折りたたみ構造と簡単に取り付けられるストッパーは秀逸です。誰もが納得の堂々の第一位のすのこベッドです。縦使いの桐材にミゾ加工を施し、みやび格子と名付けられた構造もなんともはやのグッドデザイン賞受賞品です。

第2位 純国産。栃木県で製造されている良心的なすのこベッド。すのこベッドの王道です。

栃木県鹿沼市で作られている安心の国産すのこベッド。材料は、ひのきと桐から選択できます。オーソドックスな形ですが、すのこベッド界のロングセラーです。

第3位 まさにこれがオリジナル。アイディア勝負の中居木工が生み出したすのこベッド

家具業界の発明家、中居木工が生み出したすのこベッドです。まさに無から有を生み出す、完全なオリジナリティに溢れた製品です。

-すのこベッドの基本
-,

Copyright© すのこベッド愛好会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.